top of page

不動産相続は早めに現金で分けるのが得策♪

更新日:2022年2月10日


相続における不動産共有名義のデメリット 不動産売却、土地売却、家売却、自宅売却、住宅売却、戸建売却、中古住宅売却、マンション売却、事業用売却、高崎市、前橋市、渋川市、吉岡町、榛東村、相続、資産整理、資産処分、離婚、住み替え、転勤、ダイサワ

土地・建物として一つではあるものの所有者は何人もいるという不動産は沢山あります。 最初の所有者は一人でも、相続を重ねていくうちに、それが何人にも増えていく可能性があります。 相続は1回で終わりませんから、同じ不動産を代々持ち続ける限り、二次相続、三次相続、……と相続回数を重ね、そのたびに所有者が増えていくことが考えられます。 しかもその場合、所有権の形態は共有です。それを売却処分する場合には、共有者全員の同意が必要となります。 共有者の間で足並みが揃っていればいいですが、それが乱れると共有者にとっては決して得とはいえない事態が待ち受けています。 所有者の範囲がむやみに広がるのを避けるなら、不動産を相続後に売却処分した上で、その代金である現金を相続人で分けるのがいいでしょう。



不動産売却、土地売却、家売却、自宅売却、住宅売却、戸建売却、中古住宅売却、マンション売却、事業用売却、高崎市、前橋市、渋川市、吉岡町、榛東村、相続、資産整理、資産処分、離婚、住み替え、転勤、ダイサワ

ダイサワでは特に不動産売却(土地・住宅・戸建て・マンション・事業用)のお客様からのご相談を多くいただいております。 主な活動エリアは高崎市・前橋市・北群馬郡吉岡町・北群馬郡榛東村・渋川市を中心にその他エリアも幅広く活動しており売却相場や市場動向など常に注視しており的確なアドバイスができるように心がけております。不動産は高額で大切な財産となりますので、ダイサワならご安心して不動産取引・ご売却いただけます。


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

土地売却の秘訣:建物は解体したほうがいいの?

こんにちは、皆さん。今日は土地売却についてお話ししましょう。特に、建物がある土地を売却する際、建物を解体した方が良いのかどうかについて考えてみましょう。 建物の状態と土地売却 まず、建物がある土地を売却する際には、建物の状態が大きな影響を及ぼします。建物が古くて修繕が必要な場合、買主は追加の費用を考慮する必要があります。これは、売却価格に影響を与える可能性があります。 しかし、建物が新しく、まだ使

Comments


bottom of page